タグ:Infini-T_Force

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


突然届いた父からのメールにより、笑は一人喫茶店へと出向く。静まり返った店内に人の姿はなかったが、しかし確かにそこに父はいた。こことは違う、並行世界のその場所に。互いに顔を合わせることもなく、十年ぶりに再会を果たした親子。父、界堂一道は穏やかに、そして優しく、次元を超えて笑に語りかける。父と娘、二人の間の真実を。一方、笑の邸宅では、健たちが思わぬ敵の襲撃を受けていた。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


再び現れたダミアンの奇襲を受け、その能力によって変身不能となってしまった健。異世界の廃墟へと転移させられ、ダミアンの仕掛けた罠を生身のまま掻いくぐり、駆け回る。しかし、ついに囚われてしまった健は、幻覚によって精神的に追い詰められていく。健を救いたければ、ケースに願えと笑に迫るダミアン。それはケースを我が物にしようとする、ダミアンの計画であった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


突然、笑の邸宅に姿を現した、Zの仲間の一人であり醜悪な怪物のような姿を持つ男、ラジャ・カーン。しかし、彼は攻撃を仕掛けてくることも無く、5人を前にして淡々と語り出す。怪物の姿となった自らの生い立ちと、Zとの出会いを。その上で更に彼は続ける。Zがケースに望む「本当の願い」を知った今、健たちに彼を殺す手伝いをして欲しいのだと。その提案に、笑の出した答えは……。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


幼馴染のマリアに押し切られるように、ハロウィンパーティーへと出席する笑。子供の頃の思い出を語るマリアであったが、今の笑にその言葉は届かない。一人で会場から消えてしまった笑を探しに、街へと出た城二の前に現れたのは、Zと行動を共にする女、ベル・リンであった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


依頼人であるダミアン・グレイの正体を知った武士は、ポリマーに転身して対決。しかしダミアンの能力の前に深手を負い、駆けつけた健と城二に救われる。姿を消したダミアンの行方を、怪我を押して探そうとする武士であったが、仲間たちに独断専行を咎められるのだった。

このページのトップヘ